尿路結石のリスク

痛風が起こす合併症のページでも取り上げましたが、痛風により罹患する確率が飛躍的に上がる尿路結石。この症状は三大激痛のうちの一つともいわれ、耐え難い痛みが襲いかかってきます。なぜ尿路結石が出来るのかその原因を突き止めていきます。また起こさないための予防方法もチェックしていきましょう。

結石が出来上がる理由

血中の尿酸の量が多いことにより、関節で結晶化が起こりそれが沈殿していくことで痛みを生じるのが痛風です。この原理と同じように尿酸をろ過する臓器である腎臓でも結晶化が進んでいきます。とはいえ尿酸はその一部に過ぎず、シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウムも含まれている混合物です。これらが合わさってあの結石が出来上がるのです。

さらに酸性の尿になるため、より結石が起こりやすくなります。大きなものは腎臓に留まるのですが、小さなものは尿管、膀胱、尿道へと流れていきいずれかで詰まってしまいます。この結石が出来上がり、小さいままおりてくれば違和感を感じるものの尿とともにスムーズに排出されます。しかしなかなかおりてこずに結晶化が進むと結石はどんどん大きくなる場合があり、尿路へおりてくると痛みを生むのです。

ちなみに腎臓内では痛みは起こりません。尿管や尿道に留まってしまった場合に激痛が走るのです。膀胱でなかなか流れ出ない場合も、不快感はありますがあまり痛みを感じないと言います。いずれの部位でも血尿が出てしまいます。臓器や尿道が結石によって傷つけられるからです。なった人は分かると思いますが、あの痛みの理由が分かると思います。トゲトゲしかったり鋭利な状態なのです。

治療方法

治療にあたっては鎮痛剤を打ち、排石を促す薬を点滴や内服薬で経過を見たりします。大きめであれば衝撃波で粉砕をするか手術によって排除します。このような経験をしないためにも水分を多く摂ること(出来れば水が良い)、尿をアルカリ性にして結石を溶かす、高カロリーのものを控え尿酸を増やさないようにする、といった方法である程度は予防できるでしょう。

まだ経験せずとも、食生活や不規則な生活により結石が出来てしまうかもしれません。そうならないためにこの予防方法で未然に防いでいきましょう。