生活に密接している痛風

高尿酸血症による症状・痛風

痛風とは高尿酸血症を原因とした関節炎をともなう疾患です。足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を痛みが移動し、痛み自体が酷くなったり和らいだりを繰り返します。通常、健康状態にあっても普通に血中の中に尿酸が含まれていますが、この尿酸の濃度が何らかの理由によって数値が上がるとその尿酸を溶解しきれず、尿酸塩として体温が低い足などの関節包内などに付着します。

この時白血球群内の好中球が尿酸結晶を攻撃し、その行動による過大なエネルギーや尿酸を攻撃し死亡した好中球の遺骸そのものによる影響から、血管壁にダメージを受けて大きな炎症を発生します。また、血中含有尿酸の濃度が急激に低下した場合においても、痛風発作が生じることが知られています。

プリン体を多く摂ると尿酸値が上がる

痛風の原因となる尿酸ですが、7.0mg/dlを基準とする設定値が設けられています。7.0以上になると高尿酸血症と呼ばれ、痛風の症状が出る非常に危険な状態となるのです。痛風にならないためには尿酸値を上げる食べ物、プリン体を含む食品を摂取しないような生活をすることが大切といわれております。

プリン体とは細胞の核に含まれるDNAの主成分だと言われていて、エネルギー伝達物質という大切な役割を担っています。このプリン体ですが私たちが口にするほとんどの食物に含まれており、食物によりプリン体の含有量が違います。プリン体を多く含む食材として特に多いのがアン肝や白子、レバーなどがあげられ、次いで肉類やエビ、イワシ、カツオなどの魚介類、甲殻類に多く含まれています。

アルコールでしたら特にビールや紹興酒に多く含まれているため、飲酒量の多さに関係なくビールを1缶毎日飲む人では6年間に血清尿酸値が0.5~1.0mg/dL上昇すると報告されています。蒸留酒にはあまりプリン体は含まれておりませんので、尿酸値を気にする方は焼酎、ウイスキー、ジンなどを飲まれるのがよいでしょう。

プリン体は美味しいものに多く含まれており、痛風はかつてぜいたく病とも呼ばれていました。昔はぜいたく品とされていた肉や魚などを摂りすぎると症状が起きるためです。現在では食生活も変わり、ぜいたく品とされてきたものが日常的に食べられるようになったため、痛風は一般的な病気として捉えられるようになりました。痛風の原因と言われているプリン体だけを減らすことは難しいので、暴飲暴食を控え食事量を全体的に減らし、バランスのとれた食事を心がけ規則正しい生活をおくることが大切です。

そして自分が痛風の可能性があるかもと思っている人は、まず初期症状のチェックをしましょう。初期症状として挙げられるのが、
・足の親指に痛みを感じる
・膝の関節に炎症が起こっている
・足の指に変形が見られる
・立ったり座ったりする時に痛み出たりする
・長い時間それが継続することがあるが、痛みは治まる

以上の事に該当する人は痛風になっている可能性が高いかもしれません。自覚症状が出ている場合や怪しいと感じる時は、まず病院で尿酸値の検査をした方が良いでしょう。重度の痛風になる前に尿酸値を下げる対策をすれば、痛風の症状を緩和できる可能性もあります。痛風の原因は主に食事ですから、好き嫌いが多かったり、お酒の摂取が多い人はなりやすいと言われています。上記にも例を出したようにビールが好きな人はその傾向が強いです。

尿酸を減らし、痛風を改善するザイロリック

痛風は生活習慣病に並ぶ病気となりつつあります。対策としては日常生活を変化させ、お薬の服用、つまりザイロリックを使用しながら治療をしていきます。体内に溜まった尿酸の結晶はすべてを取り除くことは現代医学ではまだ難しく、薬を常備しておかなければなりません。ザイロリックは体内の尿酸値を減少させてくれる働きがあり、痛風の治療や高尿酸血症の治療に用いられます。

継続して服用すると尿酸の生成を抑制してくれるため、尿酸値も下がりだし痛風の改善が可能です。尿酸値が下がると症状も出にくくなりますので、効果に期待が持てる医薬品と言えるでしょう。しかし尿酸値を下げるからといって今までと変わらない食生活を送っていると無意味になってしまいます。そして即効性もありません。現在の状況を改善するにはしばし我慢の必要があります。

服用方法は200~300mgを食後に2~3回に分けて服用します。そして痛風に罹患しているとなりやすい尿路結石も予防することが出来ます。こちらも高い尿酸値により起こる症状ですので、尿酸値を下げることが出来れば発症の心配はまずしなくても良いでしょう。ザイロリック服用のメリットは痛風と、それにより起こる合併症予防にも効果があるのです。

副作用はほとんど無いといわれていますが、体質により発現する可能性もあります。特に飲みはじめの場合には痛風の症状が起きてしまう場合があります。しかしこれは結晶化していた尿酸が溶け出すために起こります。一時的なものですので心配には及びません。他には下痢、胃痛などが挙げられます。

通常、医療機関で処方してもらい手に入れることが出来ますがザイロリックが無くなってしまい病院に行く時間がない方などは、インターネットの通販で購入し常備しておく方法もあります。医療機関で手に入れるより安く購入出来る可能性もありますので、ぜひ利用してみて下さい。

尿酸値は痛風と密接な関係にあります。尿酸の排出が少なくなり体内の濃度が高くなってしまうと関節で結晶化を起こしてしまい、症状を起こしてしまいます。

➡ 尿酸値についてを読む

高くなった尿酸値を下げるにはザイロリックを服用することが一番でしょう。尿酸が作られるのを抑えてくれるため、体内の尿酸値を低くしてくれます。

➡ ザイロリックで尿酸値を下げるを読む

不摂生により管理人である私も痛風になってしまいました。その改善にはザイロリックの服用もそうですが普段の生活を変えなければそれは出来ません。

➡ 管理人の体験を読む

高尿酸血症の治療薬ザイロリック